☆安全衛生対策を頑張っている企業を応援☆

川崎北労働基準監督署長石井 登

新年明けましておめでとうございます。
 一般社団法人川崎建設業協会並びに会員の皆様には、日頃から「安全第一」を掲げ、労働災害防止に御尽力をいただいておりますこと、厚く敬意を表しております。
 さて、今号では平成27年7月から申請の受付を開始した「安全衛生優良企業公表制度」について、御紹介します。
 この制度は、労働安全衛生水準の高い企業を評価・認定し、厚生労働省のホームページ等により、国(厚生労働省)が安全衛生優良企業を認定及び公表する制度です。
 川崎市の企業としては、平成28年6月、建設業の「アップコン株式会社(本社:川崎市高津区)」が、安全衛生優良企業に認定されました。
 労働者にとっても、企業にとっても、ベストな労働環境を目指して、安全衛生優良企業の認定を受けることをお勧めします。
 以下、制度の内容について、Q&A形式で、御説明します。
Q1 安全衛生優良企業公表制度の背景を教えてください
A1 従来、労働災害の防止や労働者の健康確保対策は、働くすべての人やその家族にとって大切なことでありながら、積極的に取り組む企業の認知度が高いとは言えませんでした。そのため、この制度は、労働安全衛生対策をより広く認知してもらうこと、そして積極的な取組を進める企業を応援することを目的として作られました。
Q2 申請から公表への流れを教えてください。
A2 申請から認定、公表への流れは、次のとおりです。
  1 厚生労働省のホームページで自己診断の実施
  2 自己診断で一定基準を満たす
  3 申請書類の作成、本社管轄労働局へ申請
  4 労働局の、書類審査、ヒアリング調査の実施
  5 認定、及び認定通知書の受領
  6 厚生労働省のホームページ(HP)に企業名公表
Q3 認定の基準の概要を教えてください。
A3 この認定を受けるためには、過去3年間、労働安全衛生関連の重大な法違反がないなどの基本事項に加え、労働者の健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働対策、安全管理など、幅広い分野で積極的な取組を行なっていることを求められます。
   具体的には、以下の第1、第2の項目の必要項目をすべて満たすこと、第3の項目を主要な取組、対策ごとに6割以上、全体としては8割以上の取得が必要とされております。
 第1 企業の状況として満たしていることが必要な項目
(優良企業にふさわしいかどうか確認する項目)
   ○ 労働安全衛生法等の違反の状況
   ○ 労働災害発生状況
   ○ その他優良企業として満たしていることが必要な状況
 第2 企業の取組として満たしていることが必要な項目
(基本的な取組について確認する項目)
   ○ 安全衛生の体制の取組
   ○ 安全衛生全般の取組
 第3 企業の積極的な取組を評価する項目(積極的な活動を評価する項目)
   ○ 安全衛生活動を推進するための取組
   ○ 健康で働きやすい職場環境の整備(健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、受動喫煙防止対策)
   ○ 安全でリスクの少ない職場環境の整備以上の基準を満たした企業は、3年間の認定を受けることができます。
Q4 優良企業に認定されるとどのようにメリットがありますか
A4 認定を受けると、認定マークを利用することができます。健康・安全・働きやすい職場であることを求職者に対してPRできたり、優良マークを広報、商品に使用し、取引先や消費者に対してPRすることができ、企業イメージの向上につながります。また、厚生労働省のホームページでも認定を受けた企業名を公表します。

 安全衛生優良企業公表制度についての情報は、厚生労働省ホームページ 職場の安全サイト内をご覧ください。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/shindan/shindan_index.html
お問い合わせは、最寄りの都道府県労働局(神奈川県内の企業は神奈川労働局健康課☎045-211-7353)、又は労働基準監督署(川崎北労働基準監督署安全衛生課 ☎044-382-3191)にお掛けください。